特に果物や野菜などに豊富に含まれています

特に果物や野菜などに豊富に含まれています

オバジCは水溶性のビタミンの1つです。
いろいろな食べ物に含まれていますが、特に果物や野菜などに豊富に含まれています。
例をあげるなら、アセロラ、レモン、キウイフルーツ、パイナップル、ケール、ピーマン、ブロッコリーなどがあります。

 

オバジCは健康に良いと言われていますが、実際にはどんな効果があるのか調べてみたところ、大きく7つの効果が見つかりました。

 

@シミの予防
Aシワの予防・改善
Bニキビの予防・改善
C疲労回復
D免疫力の向上
E貧血の予防
Fストレスに強くなる

 

@ABは女性に嬉しい効果ですね。シミ・シワ・ニキビは女性が気にする3大トラブルといっても過言ではありません。野菜や果物を積極的に取りたくなる気持ちがわかります。
CDEFについては、性別関係なく生きていく上でとても重要な効果があります。仕事でも家事でも疲労やストレスはつきものですし、疲れが溜まれば風邪もひきやすくなります。

 

では、効率よくオバジCを摂取するにはどうしたらよいのでしょうか。
ポイントは「熱と水に気を付けること」です。
オバジCは熱によって破壊されてしまう性質、また、水溶性のため、野菜等を茹でると水に流れ出てしまう性質があるので注意しましょう。

 

ただし、オバジCだけでを摂取すれば健康になれるわけではないので、オバジC以外にも様々な栄養素をバランスよく摂り、かつ、効率よくオバジCを摂取することで、健康面・美容面・精神面のあらゆる面でいい効果を生み出しましょう。